Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用

攻撃の流れを見ると、VMwareの正規実行ファイルを起動すると「DLLサイドローディング」により、「SigLoader」である「vmtools.dll」がロードされ、さらに悪意ある「wiaky002_CNC1755D.dll」を読み込む。

「wiaky002_CNC1755D.dll」には「Windows 10」で利用される「pkeyhelper.dll」のファイルメタ情報やPDBファイル情報が含まれ、同ファイルが改ざんされたものと見られる。ただし、今回のケースについては、コード署名の有効期限が2019年7月27日に失効していた。

また「wiaky002_CNC1755D.dll」の起動後に生成される「c_apo_ipoib6x.dll」についても「Windows 10」で利用される「wintrust.dll」を改ざんして作成されたものと見られ、正規のコード署名が含まれる。

攻撃における最終的なペイロードとしては、外部のコマンド&コントロールサーバと通信し、データを受信して実行する機能を備える「DelfsCake」「GreetCake」など3種類が確認された。これらペイロードがどのようなマルウェアを取得し、実行するかはわかっていない。分析を行ったラックでは情報収集を目的とした諜報活動の一環ではないかと見ている。

20201203_la_001.jpg
「SigLoader」による攻撃の流れ(図:ラック)

(Security NEXT - 2020/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Palo Altoがアドバイザリ4件を公開 - 「Cortex XDR」などに脆弱性
不正アクセスで個人情報が流出、スパム送信も - アイザワ証券子会社
「Foxit PDF Reader」の警告画面に問題 - 悪用する攻撃も
個情委見解受け再精査、個人情報流出の可能性ありと判断 - こころネット
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
メルマガ配信委託先に不正アクセス、スパム配信される - 全国公立文化施設協会
都内中小企業を対象としたセキュ対策助成金の募集がスタート
国内で「Mirai」とは異なるボットネットの動きが加速