Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用

正規のコード署名を含む悪意あるライブラリファイルを用いた攻撃「SigLoader」が確認された。標的型攻撃に用いられたもので、セキュリティ製品で検知できないおそれがあり、警戒が必要だ。

正規の実行ファイルから、悪意あるライブラリファイルを読み込ませるいわゆる「DLLサイドローディング」による攻撃だが、攻撃の過程で利用された悪意ある複数のライブラリファイルには、マイクロソフトのコード署名が含まれていた。

ラックが「SSL-VPN」製品の脆弱性を悪用した侵害事故を調査する過程で発見。2020年7月ごろより悪用が見られるという。「Signature」が付与されたファイルを読み込んで悪用することや、検体内に文字列「Sig」がハードコードされていたことから、同社では今回の攻撃を「SigLoader」と命名した。

通常、コード署名によってファイルの改ざんを検知することが可能。しかし今回の攻撃では、Windowsにおいてハッシュ値の計算時に対象範囲外とされる「証明書テーブル(Certificate Table)」のサイズを拡張し、テーブル内のデータを変更することでファイルの改ざんを行っていた。コード署名による検証が回避され、セキュリティ対策製品でも検知できない可能性がある。

(Security NEXT - 2020/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、「Pulse Connect Secure」狙うマルウェアの解析情報
米同盟やEU、中国支援のサイバー攻撃を批判 - 関係者の訴追も
顧客アカウント情報が外部流出、SQLi攻撃で - 日本ケミカルデータベース
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
SSOサーバ「ForgeRock AM」にRCE脆弱性、すでに被害も - 「OpenAM」も注意を
不正アクセス受けたNTTぷららの個人情報、流出の痕跡は見つからず
複数従業員のメールアカウントに不正アクセス - モリサワ
テレワーク時の個人情報漏洩を防止するための教育用資料
訪日外国人向け入出国ゲートの登録システムに不正アクセス
MSPも利用するIT管理ツールがゼロデイ攻撃の標的に - 日本でも検知