Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで

アップロードされたファイルのURLについて同社は、十分な長さでランダムな文字列が設定されており、第三者による推測は難しいと説明。

一方、インターネット上のファイルをアーカイブ保存する外部サービスによってファイルが収集されており、同サービスを通じても閲覧できる状態となっていた。外部サービスにおけるファイルへのアクセス状況はわかっていない。

同社では、ファイルに対するアクセスを10月27日に遮断。外部アーカイブサービスに対して削除依頼を実施し、同月31日に削除が完了したという。

同社は、ログより情報の流出が確認された関係者に対して通知した。被害が確認されていない関係者に対しても経緯を説明し、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2020/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数ペットフード販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「Salesforce」ベースの自治体向けサービスで設定不備 - 71団体が導入
男性向けファッション通販サイトに不正アクセス
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
北國銀行子会社運営の通販モールに不正アクセス
問合フォームの入力情報が閲覧可能に - アドバンテッジEAP
freee、「Salesforce」利用の複数フォームに設定不備 - 他社事例と異なる部分
薬物乱用防止啓発事業で個人情報が流出、設定ミスで - 香川県
相談窓口の顧客情報に外部アクセス、設定不備で - バンダイ
看護師が業務で私的にクラウド利用 - 設定ミスで公開状態に