Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」

三井物産セキュアディレクションは、専門学校と高等専門学校を対象としたセキュリティコンテスト「MBSD Cybersecurity Challenges 2020」を開催する。

同コンテストは、学生におけるセキュリティへの関心を高める啓発を目的に開催するもの。コンテストへの参加を通じてセキュリティに関する業務を疑似的に体験できる内容となっている。

5回目となる今回の課題は、「脆弱性が改善されないウェブサイト運営会社に対するセキュリティ教育の提案」。4人以内のチームで参加し、脆弱性を指摘されたウェブサイト運営会社の従業員に対するセキュリティの教育コンテンツを作成する。

応募締め切りは11月18日。最終審査は12月16日にオンラインで開催する。詳細はコンテストのページから。

(Security NEXT - 2020/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
「CODE BLUE 2022」、10月にハイブリッド開催 - 今年で10回目
LINE、賞金総額1万ドルのCTFイベントを開催
ウェブソースに顧客のメールアドレス - 壽屋
若年層向けプログラミングコンテストのサイトで個人情報が流出
イベント応募者の個人情報が閲覧可能に、フォーム設定ミスで - 佐賀県
12月に「SECCON CTF 2021」をオンライン開催 - 賞金総額100万円
セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
応募企画を実現、セキュリティコンテスト「SECCONCON」開催
小説投稿サイト「カクヨム」に偽サイト - 正規サイトからデータを取得して表示