Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

専門学校生対象のコンテスト - テーマは「サイト運営会社向けセキュリティ教育」

三井物産セキュアディレクションは、専門学校と高等専門学校を対象としたセキュリティコンテスト「MBSD Cybersecurity Challenges 2020」を開催する。

同コンテストは、学生におけるセキュリティへの関心を高める啓発を目的に開催するもの。コンテストへの参加を通じてセキュリティに関する業務を疑似的に体験できる内容となっている。

5回目となる今回の課題は、「脆弱性が改善されないウェブサイト運営会社に対するセキュリティ教育の提案」。4人以内のチームで参加し、脆弱性を指摘されたウェブサイト運営会社の従業員に対するセキュリティの教育コンテンツを作成する。

応募締め切りは11月18日。最終審査は12月16日にオンラインで開催する。詳細はコンテストのページから。

(Security NEXT - 2020/10/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ啓発動画のコンテスト開催 - トレンド
応募企画を実現、セキュリティコンテスト「SECCONCON」開催
小説投稿サイト「カクヨム」に偽サイト - 正規サイトからデータを取得して表示
「Exchange」の脆弱性「ProxyShell」に要警戒 - 悪用発生で米政府が注意喚起
サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙
ネットトラブル防止を呼びかける標語を募集 - 兵庫県
防衛省、セキュ人材発掘を目的にオンラインCTFを開催
初心者もOK、スマートシティ題材のハッキングコンテスト - 締切間近
シンポジウム「SECCON 2020電脳会議」が12月19日に開催
中国で脆弱性を発見する国際コンテスト - 11製品で脆弱性が明らかに