Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存

横浜市は、新型コロナウイルス陽性者と接触した可能性がある人の名簿が含まれた表計算ファイルを、無関係の施設へメールで送信したことを明らかにした。

同市によれば、9月27日11時過ぎ、旭区福祉保健課において陽性者の接触者を調査するため、新型コロナウイルス陽性者が発生した同区内施設宛てに調査用名簿の様式をメールで送信したが、同区内にある別の施設に関する名簿が含まれていたもの。

PCR検査の実施を判断する際に利用する新型コロナウイルス陽性者と接触した可能性がある人の名簿で、別の施設における接触者40人分の氏名、住所、電話番号、生年月日、年齢、性別のほか、接触者の家族に関する氏名36人分が含まれる。

接触者状況調査のための名簿様式を作成する際、本来は標準的なフォーマットを加工して作成すべきところ、名簿を含んだファイルから加工して作成。新型コロナウイルスへの対応で急いでいたため、十分なチェックのないまま、別のシートに個人情報が残った状態で送信してしまったという。

(Security NEXT - 2020/10/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
保健所で新コロ濃厚接触者リストを誤送信 - 大阪府
新型コロナ患者情報を無関係パンフに誤添付 - 福岡市保健所
新コロ自宅療養者の個人情報流出など事故3件を公表 - 大阪府
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
新コロ被検査者名簿を一時紛失、ドライブスルー検査で飛散 - 名古屋市
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市