Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三越伊勢丹に対する不正ログインは5月から発生 - 約5.4万人に影響

三越伊勢丹は、同社が運営する「三越伊勢丹オンラインストア」およびグループ会社であるエムアイカードのウェブサイトで発生した不正ログインについて調査結果を取りまとめた。約3カ月間にわたり攻撃が展開されていたことが判明したという。

同社では、海外のIPアドレスから、利用者本人のIDとパスワードを第三者が利用して本人になりすまし、不正にログインする被害が確認されたことから調査を進めていたもの。

8月5日の時点では、7月6日から8月3日にかけて一部会員が不正ログインを許し、「三越伊勢丹オンラインストア」の顧客情報1万5336件、「エムアイカード」のウェブサイトにおいて会員情報3583件が第三者によって閲覧された可能性があるとして、同社は事態を公表するとともに、注意喚起を行っていた。

その後同社では、外部事業者の協力のもとフォレンジック調査を進めていたが、「三越伊勢丹オンラインストア」では不正ログインが5月5日より行われていたことが判明したという。

(Security NEXT - 2020/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブラザー会員サイトで不正ログイン、P交換被害も - 3月末からアクセス急増
ふるさと納税支援サイトにPWリスト攻撃 - 2000以上のIPアドレスから
メタップスP、クレカ情報など最大約46万件が流出か - 不正ログインやSQLi攻撃で
「KLab ID」で約3000件の不正ログイン - 2段階認証を必須化
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「KLab ID」で不正ログイン - 新規登録機能で攻撃対象を絞り込み
なりすましによる不正ログインを確認 - TSUTAYA
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
ディノス通販サイトに1605回のログイン試行 - 41件で不正ログイン