Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン

三越伊勢丹は、同社が運営する「三越伊勢丹オンラインストア」およびグループ会社であるエムアイカードのウェブサイトにおいて、第三者が本人になりすまして不正にログインする被害が確認された。

同社によれば、7月6日から8月3日にかけて海外のIPアドレスから、第三者が利用者本人のIDとパスワードを利用してなりすましてログインする不正アクセスを確認したもの。

今回の不正ログインにより、「三越伊勢丹オンラインストア」の顧客情報1万5336件が不正に閲覧された可能性がある。氏名や住所、電話番号、生年月日、メールアドレス、クレジットカード情報の下4桁、有効期限などが含まれる。

さらに「エムアイカードホームページ」の会員情報3583件についても閲覧された可能性がある。会員の氏名や請求予定額、保有ポイントなどが含まれる。

(Security NEXT - 2020/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セシール通販サイトに33件のPWリスト攻撃 - アカウント1件がログイン許す
動画サービス「Hulu」に断続的なPWリスト攻撃
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
JR九州の会員サイトにPWリスト攻撃 - ポイント交換被害も
岡三オンライン証券にPWリスト攻撃 - 資産売却や出金被害は未確認
LINE利用者のパスワード約7.4万件が特定 - ログイン連携サービスにPWリスト攻撃
SBI証券で偽口座宛に約1億円の不正出金 - PWリスト攻撃増加、警戒中に発覚
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
「Sポイント」会員サイトに約1000万回のログイン試行 - ポイント交換も
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃