Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県

新潟県が公開した入札情報サービスの工事平面図に個人情報が含まれていた問題で、同県はのべ1万6561人分の情報が含まれていたとする調査結果を取りまとめた。

7月21日に同県村上地域振興局地域整備部において、入札情報サービスの工事平面図に、土地所有者14人分の氏名が掲載されていることに職員が気づき、問題が発覚。同部で公表されているすべての工事について調査を行ったところ、のべ170人分の個人情報が掲載されていることが判明した。

同問題を受け、入札情報サービスを利用している部局において同様の事案がないか調査したところ、工事計画平面図に工事周辺の土地や建物の所有者氏名が掲載されているケースが722件あり、のべ8763人の氏名が確認された。

また工事計画平面図に納入業者の担当者氏名が掲載されているケースも958件あり、のべ7798人の氏名が含まれていたという。

今回の問題を受けて、同県では対象となる個人情報を削除。地権者など関係者に謝罪する。今後も掲載が必要な図面データについては、個人情報を削除したうえで再掲載する予定。

(Security NEXT - 2020/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県サイトの公開入札情報に個人情報 - 新潟県
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明
公共工事入札資格審査の申請書を紛失 - 岡山県
再エネの入札情報が漏洩 - システムに脆弱性
メール送信ミス、競争入札申請業者のメアドが流出 - 水資源機構
公開PDF資料に個人情報入り表計算ファイル - 資エネ庁
資源エネルギー庁の公開会議資料に入札情報 - PDFに表計算ファイル添付
複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
ウェブサイトへ個人情報を誤掲載 - 下関市