Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信で事業者のメアド流出 - 横須賀市

神奈川県横須賀市は、かながわ電子入札共同システムの資格申請を勧奨するメールで送信ミスがあり、事業者のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同市によれば、1月16日にかながわ電子入札共同システムの資格申請を勧奨するメールを事業者165件に送信した際、送信先を誤って「TO」に設定するミスがあったという。

誤送信により、受信者間でメールアドレスが閲覧できる状態となった。個人が特定できる可能性があるメールアドレス71件が含まれる。

同日、メールを送信した職員が誤送信に気付いた。翌17日に対象となる事業者にメールで経緯を説明して謝罪。誤送信したメールの削除を依頼している。

(Security NEXT - 2024/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JetBrainsの「TeamCity」深刻な脆弱性 - 詳細も公開、早急に対処を
2月修正のWindows脆弱性、北朝鮮グループがゼロデイ攻撃に悪用
Rapid7が「TeamCity」脆弱性の詳細を公開 - 報告側と修正側で意識に差
発覚2カ月前にもマルウェア実行の痕跡、情報流出は否定 - こころネット
アジア地域の若年層向けCTF大会「ACSC 2024」が3月下旬に開催
バックアッププラグイン「WPvivid」の旧版に深刻な脆弱性
案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性