Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県サイトの公開入札情報に個人情報 - 新潟県

新潟県は、同県ウェブサイトに入札情報を公開した際、個人情報含む図面を誤って掲載したことを公表した。

同県によれば、2019年度と2020年度に村上地域振興局地域整備部が発注した4件の工事について、7月2日に入札情報を同県ウェブサイトに公開したが、工事平面図に個人情報が含まれていたという。

具体的には、工事周辺の所有者氏名、地番、用地境界など14人分の個人情報で、同月21日16時ごろ、職員が公開中の資料を確認していたところ、ミスに気が付き、対象のデータを非公開にした。

同県では対象となる関係者に謝罪。掲載されている他入札情報についても同様の誤りがないか確認を進めている。

(Security NEXT - 2020/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナウイルス患者の氏名をサイトに誤掲載 - 埼玉県
県サイトに就農者の個人情報を誤掲載 - 岐阜県
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県
保育所待機者の個人情報をサイトに誤掲載 - 茅ヶ崎市
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大