Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

県サイトの公開入札情報に個人情報 - 新潟県

新潟県は、同県ウェブサイトに入札情報を公開した際、個人情報含む図面を誤って掲載したことを公表した。

同県によれば、2019年度と2020年度に村上地域振興局地域整備部が発注した4件の工事について、7月2日に入札情報を同県ウェブサイトに公開したが、工事平面図に個人情報が含まれていたという。

具体的には、工事周辺の所有者氏名、地番、用地境界など14人分の個人情報で、同月21日16時ごろ、職員が公開中の資料を確認していたところ、ミスに気が付き、対象のデータを非公開にした。

同県では対象となる関係者に謝罪。掲載されている他入札情報についても同様の誤りがないか確認を進めている。

(Security NEXT - 2020/07/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

入札情報の公開データに個人情報、のべ1.6万人分 - 新潟県
保育所待機者の個人情報をサイトに誤掲載 - 茅ヶ崎市
公開資料の非表示部分に個人情報、検索可能となり判明 - 同志社大
障害者支援施設サイトに入所者の個人情報を誤掲載 - 神奈川県
新コロ患者情報をサイトに誤掲載、複合機でデータ取り違え - 神戸市
官報公表破産者情報の掲載サイトに停止命令 - 個情委
黒塗りした個人情報が特定操作で閲覧可能 - 大船渡市
愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
薬局ファックス番号を誤掲載、処方箋の誤送信が発生 - 大阪府
愛知県、新型コロナ患者の非公開情報を誤掲載 - 氏名や入院医療機関など