Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

テレワーク増えるコロナ禍のCSIRT対応プラクティス集

日本コンピュータセキュリティインシデント対応チーム協議会(日本シーサート協議会)は、「新型ウイルス感染リスク禍におけるCSIRT活動で考慮すべきこと ―CSIRT対応プラクティス集―」を公開した。

20200909_nc_001.jpg
プラクティス集に収録した項目の一覧(表:NCA)

同資料は、新型コロナウイルス感染症の拡大や緊急事態宣言下におけるテレワーク利用状況下でのインシデントの検知や対応体制の維持に向けて、同団体へ参加するCSIRTが実際に検討した事項や対応事例などを取りまとめたもの。

CSIRTの各種フレームワークを参考にしつつ、インシデントの「検知」「対応」の両側面より各組織が事前に整理しておくべき項目や、想定される課題を抽出。

チームのメンバーにおける安全確保も踏まえ、完全なリモート対応が可能か、現場対応が必要となるかといった視点からインシデント対応で考慮すべき点をまとめた。

同資料は、同団体のウェブサイトよりダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2020/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」