Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バグハンターとの信頼を醸成 - サイボウズが4年ぶりに合宿イベント

サイボウズは、11月18日、19日に約4年ぶりとなる「バグハンター合宿」を神奈川県内で開催した。ソースコードの公開などあらたな施策も取り入れ、52件の脆弱性が報告された。

「バグハンター合宿」は、1泊2日の泊りがけで集中的に脆弱性の発見に取り組む合宿イベント。同社は、国内において脆弱性報奨金制度をいち早くスタートさせたが、さらなる試みとして2014年より不定期に開催している。

前回は2019年に開催し、バグハンター12人が参戦。2日間で198件の脆弱性報告があった。最終的に155件が脆弱性として認定され、約500万円の報奨金が支払われている。

2020年以降は新型コロナウイルス感染症の影響もあり、一時開催が遠のいたが、5類感染症に移行したことを受けて約4年ぶりに開催された。

第4回となる今回も前回と同様、会場は神奈川県湯河原町の「おんやど恵」をチョイス。同ホテルでは「開発合宿」のサービスを提供しており、会議室なども24時間利用できるなど環境が整っている。

今回は、同社の脆弱性報奨金制度にゆかりの深いハンターが招待され、全国津々浦々より9人が集結。脆弱性調査の腕を振るった。

2023-12-25_cb_003.jpg
4年ぶりに開催した「バグハンター合宿」に全国から9人のバグハンターが集結した

(Security NEXT - 2023/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Microsoft Edge」にアップデート - MS独自含む脆弱性11件を解消
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
クラウドサービスに不正アクセス、データが削除される - PCIソリューションズ
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター