Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に

2020年上半期は、新型コロナウイルスに便乗するサイバー攻撃が多数確認された。トレンドマイクロによると、特に不正サイトへ誘導された件数は、前半から後半にかけて約14.6倍に拡大したという。

同社における2020年上半期の脅威検知状況を取りまとめたもの。新型コロナウイルス感染症の不安につけ込む「ソーシャルエンジニアリング」を用いた攻撃が多数観測された。

新型コロナウイルスに便乗した不正サイトへの誘導件数は2020年第1四半期に4万7610件だったが、第2四半期は69万5738件となり、約14.6倍に急増した。

新型コロナウイルスに便乗するマルウェアに関しても、検出された端末の台数が第1四半期の737件から第2四半期の5058件へと約6.9倍に増加している。

マスク不足に乗じた詐欺メールや、新型コロナウイルス感染症に便乗したビジネスメール詐欺などメールによる脅威も増加が見られた。1月から3月が90万6525件だったのに対し、4月から6月は718万4668件と7.9倍に拡大した。

(Security NEXT - 2020/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

今年も人気、Interop Tokyoの「ShowNet」 - 外部接続は1Tbps超
Interop Tokyoが幕張メッセで開幕 - 「Best of Show Award」が発表
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
「情報セキュリティマネジメント試験」が通年試験に - 試験時間も短縮
国内上場企業が優先対処したいリスク、上位に「サイバー攻撃」
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
PPAPメール、14.4%が受信を禁止 - 今後3割が禁止予定
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
4割強「コロナ禍でネットのトラブル増えた」
10月は通信キャリアを装うフィッシングサイトが前月比3.6倍に