Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に

2020年上半期は、新型コロナウイルスに便乗するサイバー攻撃が多数確認された。トレンドマイクロによると、特に不正サイトへ誘導された件数は、前半から後半にかけて約14.6倍に拡大したという。

同社における2020年上半期の脅威検知状況を取りまとめたもの。新型コロナウイルス感染症の不安につけ込む「ソーシャルエンジニアリング」を用いた攻撃が多数観測された。

新型コロナウイルスに便乗した不正サイトへの誘導件数は2020年第1四半期に4万7610件だったが、第2四半期は69万5738件となり、約14.6倍に急増した。

新型コロナウイルスに便乗するマルウェアに関しても、検出された端末の台数が第1四半期の737件から第2四半期の5058件へと約6.9倍に増加している。

マスク不足に乗じた詐欺メールや、新型コロナウイルス感染症に便乗したビジネスメール詐欺などメールによる脅威も増加が見られた。1月から3月が90万6525件だったのに対し、4月から6月は718万4668件と7.9倍に拡大した。

(Security NEXT - 2020/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
サイバーセキュリティ月間がスタート - 関連イベントはオンライン中心
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
政府がサイバー演習、重要インフラ14分野が参加 - テレワーク環境からも
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を