Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に

2020年上半期は、新型コロナウイルスに便乗するサイバー攻撃が多数確認された。トレンドマイクロによると、特に不正サイトへ誘導された件数は、前半から後半にかけて約14.6倍に拡大したという。

同社における2020年上半期の脅威検知状況を取りまとめたもの。新型コロナウイルス感染症の不安につけ込む「ソーシャルエンジニアリング」を用いた攻撃が多数観測された。

新型コロナウイルスに便乗した不正サイトへの誘導件数は2020年第1四半期に4万7610件だったが、第2四半期は69万5738件となり、約14.6倍に急増した。

新型コロナウイルスに便乗するマルウェアに関しても、検出された端末の台数が第1四半期の737件から第2四半期の5058件へと約6.9倍に増加している。

マスク不足に乗じた詐欺メールや、新型コロナウイルス感染症に便乗したビジネスメール詐欺などメールによる脅威も増加が見られた。1月から3月が90万6525件だったのに対し、4月から6月は718万4668件と7.9倍に拡大した。

(Security NEXT - 2020/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
SECCON初のオンライン決勝、約1000チームが参戦 - 一時開催危ぶまれるも若手奮闘
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏