Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新コロ便乗、2Qに急増 - 不正サイト誘導14.6倍に

2020年上半期は、新型コロナウイルスに便乗するサイバー攻撃が多数確認された。トレンドマイクロによると、特に不正サイトへ誘導された件数は、前半から後半にかけて約14.6倍に拡大したという。

同社における2020年上半期の脅威検知状況を取りまとめたもの。新型コロナウイルス感染症の不安につけ込む「ソーシャルエンジニアリング」を用いた攻撃が多数観測された。

新型コロナウイルスに便乗した不正サイトへの誘導件数は2020年第1四半期に4万7610件だったが、第2四半期は69万5738件となり、約14.6倍に急増した。

新型コロナウイルスに便乗するマルウェアに関しても、検出された端末の台数が第1四半期の737件から第2四半期の5058件へと約6.9倍に増加している。

マスク不足に乗じた詐欺メールや、新型コロナウイルス感染症に便乗したビジネスメール詐欺などメールによる脅威も増加が見られた。1月から3月が90万6525件だったのに対し、4月から6月は718万4668件と7.9倍に拡大した。

(Security NEXT - 2020/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

12月に「SECCON CTF 2021」をオンライン開催 - 賞金総額100万円
研究者や実務者向けイベント「JSAC 2022」、参加登録受付を開始
サイバー防衛シンポ熱海2021、12月にハイブリッド開催
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
フィッシング攻撃の模擬訓練でクリックが多かったカテゴリー
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
アフターコロナ、テレワーク中心を望む声は約2割 - デル調査
公共空間における安全なワイアレス通信でガイダンス - 米NSA
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも