Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」を策定

総務省と経済産業省は、「DX時代における企業のプライバシーガバナンスガイドブックver1.0」を策定した。

同ガイドブックは、「企業のプライバシーガバナンスモデル検討会」において、あらたな事業に取り組む企業が、プライバシーガバナンスの構築のために取り組むべきポイントを整理したもの。

プライバシーの取り扱いで批判が生じ、企業の存続に影響が生じるケースもあるとして、組織自らが能動的にプライバシー問題へ対応し、リスクの低減や社会から信頼を得られるよう、姿勢の明文化、責任者の指名、取り組みに対するリソースの投入など、プライバシーガバナンスの重要事項を取りまとめた。

決定に先立ち、7月に「DX企業のプライバシーガバナンスガイドブックver1.0」としてパブリックコメントを実施。60件の意見が寄せられ、意見を踏まえて名称を「DX時代における企業のプライバシーガバナンスガイドブックver1.0」に変更している。

20200901_me_001.jpg

(Security NEXT - 2020/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Pマーク事業者による個人情報事故、2019年度は2543件
日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省
「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
6月にオンラインイベント「CSA Japan Summit 2020」が開催
個人情報の紛失防止で組織向けに教育資料 - JIPDEC
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数