Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」を策定

総務省と経済産業省は、「DX時代における企業のプライバシーガバナンスガイドブックver1.0」を策定した。

同ガイドブックは、「企業のプライバシーガバナンスモデル検討会」において、あらたな事業に取り組む企業が、プライバシーガバナンスの構築のために取り組むべきポイントを整理したもの。

プライバシーの取り扱いで批判が生じ、企業の存続に影響が生じるケースもあるとして、組織自らが能動的にプライバシー問題へ対応し、リスクの低減や社会から信頼を得られるよう、姿勢の明文化、責任者の指名、取り組みに対するリソースの投入など、プライバシーガバナンスの重要事項を取りまとめた。

決定に先立ち、7月に「DX企業のプライバシーガバナンスガイドブックver1.0」としてパブリックコメントを実施。60件の意見が寄せられ、意見を踏まえて名称を「DX時代における企業のプライバシーガバナンスガイドブックver1.0」に変更している。

20200901_me_001.jpg

(Security NEXT - 2020/09/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「個人情報を考える週間」、2022年は5月30日から
広域での安全な個人データ越境移転を目指して「Global CBPRフォーラム」設立
Z世代の7割、スマホアプリでの個人情報登録に抵抗感
消費者の7割は利益に関わらず個人情報の提供に慎重 - JIPDEC調査
政府、「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」を改訂
監査関係者向けに「プライバシーガバナンス」のセミナー - 「プライバシー・バイ・デザイン」提唱者も登壇
大手でCEO直属のCISOが増加 - 米国では4割超に
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
10月18日から「個人情報を考える週間」 - 個情委