Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「個人情報を考える週間」がスタート - 啓発活動を展開

個人情報の重要性について認識を深めることを目的とした「個人情報を考える週間」がスタートした。

20240528_pp_001.jpg
「個人情報を考える週間」の啓発ポスター

個人情報保護委員会が2024年の「個人情報を考える週間」を5月27日から6月2日までと定め、取り組みを開始したもの。

個人情報を取得する側の事業者と個人情報を提供する側の個人それぞれが、個人情報の重要性についてあらためて認識するよう呼びかける。

都道府県庁や市町村役場に啓発ポスターを掲示するほか、駅構内や空港、屋外でデジタルサイネージ広告を展開。また、インターネット広告や専用ウェブページの開設も行う。

アジア太平洋プライバシー機関(APPA)の参加国は、毎年5月に「Privacy Awareness Week」を設定し、広報啓発活動を行うこととされており、日本も正式メンバーとなっている。

(Security NEXT - 2024/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報漏洩などの報告処理、前年比約1.7倍に - 指導や助言も大幅増
メールアカウントが乗っ取り被害、大量のスパム配信 - 三重県文化振興事業団
講演会の申込フォームの設定ミス、個人情報が閲覧可能に - お茶の水女子大
「Rancher」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
政府、大規模SNS事業者に「偽広告」への対応強化を要請
個人情報含む文書保存箱を避難通路に放置、住民から指摘 - 足立区
「MS Edge」にセキュリティアップデート - 独自含む脆弱性6件を修正
東芝テックや沖電気の複合機、脆弱性43件が明らかに
SonicWall製機器の「VPN」などにDoS脆弱性 - アップデートで修正
セキュリティアドバイザリのレーティングを引き上げ - Zoom