Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスでスパムの踏み台に - システム開発会社

組み込み機器の開発、販売を手がけるイーアールアイは、従業員のメールアカウントが不正アクセスを受け、迷惑メールを送信するための踏み台に悪用されたことを明らかにした。

同社によれば、8月18日に同社のメールサービスを管理している会社から連絡があり、従業員1人のメールアカウントが不正アクセスを受け、同アカウントから迷惑メールが送信されたことが判明したもの。

今回の不正アクセスによる情報流出については、確認されていないと説明。全従業員のパソコンについてセキュリティ対策ソフトでスキャンを実施し、マルウェアの感染などが発生していないことを確認したという。

同社では、同社のドメインから不審なメールが届いた場合は、メール本文中のURLをクリックしたり、添付されているファイルを開封したりせずメールを削除するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃やセキュリティ対策の体験施設 - 日本情報通信
教員アカウントがスパムの踏み台に - 横浜市内の私学
教員アカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 創価大
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
攻撃元はパートナー企業、二次流出の痕跡見つからず - キンコーズ
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
矢野経済研究所に不正アクセス - SQLi攻撃でアカウント情報が流出
富士通クラウドサービスへの攻撃 - 侵入の痕跡見つかる
サイト改ざんで迷惑メール送信の踏み台に - リサイクル事業者
クラウド利用機器にサイバー攻撃、脆弱性公表から3日後に - 富士通