Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

プライバシーガバナンスガイドブックでパブコメ - 経産省

経済産業省は、「DX企業のプライバシーガバナンスガイドブックver1.0」のパブコメ案について8月12日まで意見を募集している。

同ガイドブックは、新規事業におけるプライバシーの取り扱いで批判が生じ、企業の存続に影響が生じるケースもあるとして、前向きにプライバシー問題へ対応し、社会から信頼を獲得する「プライバシーガバナンス」の構築に向けて、取り組むべき内容を取りまとめた。

パーソナルデータを活用した製品やサービスを提供し、プライバシーの配慮が必要となる企業や取引先などの経営陣や管理職、データの利用や保護を管理する部門の責任者などを対象としている。

同ガイドブックでは、プライバシーガバナンスの構築に向けて経営者が取り組むべき3要件として、プライバシーガバナンスに係る姿勢の明文化、プライバシー保護責任者の指名、プライバシーへの取り組みに対するリソースの投入を明示している。

(Security NEXT - 2020/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏
政府、「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」を策定
「NISTプライバシーフレームワーク」の翻訳を無料で提供
6月にオンラインイベント「CSA Japan Summit 2020」が開催
個人情報の紛失防止で組織向けに教育資料 - JIPDEC
個情委、「内定辞退率予測サービス」で行政処分 - 利用企業にも指導
クラウド上の機密データ、暗号化している組織は約半数
Pマーク事業者の個人情報事故は2323件 - 「目的外利用」の報告が増加
NTTドコモ、パーソナルデータ憲章を策定 - プラポリ再編も
個情委、内定辞退率予測でリクナビに是正勧告