Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5カ月ぶりに「Emotet」が活動再開 - 感染拡大に警戒を

2019年後半に国内で被害が多発したマルウェア「Emotet」が、約5カ月ぶりに活動を再開した。

20200720_jp_001.jpg
アラートに見せかけてマクロを有効化させ、マルウェアに感染させるdocファイル (画像:JPCERT/CC)

2020年2月以降、目立った活動が見られなかった「Emotet」だが、7月中旬にメールを利用した感染活動が再び観測されたことから、JPCERTコーディネーションセンターが注意喚起を行ったもの。

もともと「Emotet」は、不正送金マルウェアとして知られていたが、2019年後半に登場した亜種では、感染端末上で過去にやり取りされたメールなどのデータを窃取する機能を実装。

窃取したデータを悪用し、実在するメールの返信に見せかけてマルウェアを添付したメールを送りつけたことから、国内でも感染被害が相次いだ。

2020年2月に入り、目立った活動は見られなくなったが、約5カ月を経て活動を再開。複数のセキュリティベンダーが攻撃を確認している。

(Security NEXT - 2020/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
「Emotet」対策でパスワード付きzip添付ファイルのブロックを推奨 - 米政府
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - マルハニチロ
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
「Emotet」感染で大量のなりすましメールが送信 - 理研香料
「Emotet」に感染、なりすましメールが送信 - 岩出建設
日本医師会で「Emotet」感染 - 「なりすましメール」出回る
トレンドマイクロをかたる偽メールに注意 - Emotetを添付