Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ユニシスとソフトバンク、セキュリティ新会社を設立

日本ユニシスとソフトバンクは、6月15日に認証サービスなどを展開する新会社エアトラストを設立した。

新会社は、資本金が3億2000万円で日本ユニシスが51%、ソフトバンクが49%を出資。機密データを分散、無意味化し、それぞれのデータを異なる端末へ保管して第三者に取得されることを防ぐ「秘密分散技術」を活用した認証サービスを展開する。

「秘密分散技術」についてはZenmuTechの技術を採用。エアトラストがサービスのライセンスを供給し、ソフトバンクをはじめとするサービス販売会社を通じて企業や官公庁向けに提供していく。

手始めに、パソコンのログインに用いるIDとパスワードをパソコンとスマートフォンに分散保存し、ログイン時にBluetoothで接続したスマートフォンで生体認証を行うことにより、パソコンのログイン認証が可能となるサービス「Universal Key」を8月から提供開始する。

同社では、サービス開始より5年間で約38億円の売り上げを目指し、サービスを展開していく。

(Security NEXT - 2020/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
米Transmit SecurityのPWレス認証製品を国内展開 - ラック
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
顔認証入退管理システムに新モデル - マルチテナント対応を強化
PC認証システムにマスク着用にも対応した顔認証機能 - CEC
顔認証によるショルダーハッキング対策製品、マスク着用に対応
BSIグループとイエラエセキュリティ、デジタルフォレンジック分野で協業
JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
SSOやID管理を実現するクラウド認証基盤サービス - オプティム