Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メアドが不正使用、不特定多数に迷惑メールが送信 - 横浜中華街発展会協同組合

横浜中華街発展会協同組合は、同組合のメールアドレスが不正使用され、不特定多数に迷惑メールが送信されたことを明らかにした。

同組合によれば、6月9日6時42分ごろから45分ごろにかけて、同組合のメールアカウントが不正使用され、不特定多数に対して意図しない迷惑メールが送信されたもの。

同組合では今回の問題を受け、警察に届け出を行い、調査を進めている。また同組合のメールアドレスからメールが届いた場合は、開封せず削除するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/06/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
メールアカウントに不正アクセス、スパムの踏み台に - サエラ薬局
複数自治体が導入進めるクラウドがスパム踏み台に - メンテ時の設定ミスで
複数メルアカに不正アクアセス、サーバ内に個人情報 - 名大付属病院
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
メールサーバに不正アクセス、スパムの踏み台に - 山口県デジタル技術振興財団
サーバがスパム送信の踏み台に、個人情報流出は否定 - 静岡大