Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング

「Amazon」のブランドを悪用したフィッシング攻撃が確認された。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

20200526_ap_001.jpg
フィッシングメールの文面(画像:フィ対協)

問題のフィッシング攻撃では、同社有料サブスクリプションサービス「Amazonプライム」の自動更新設定が変更されたかのような件名で送信されており、72時間以内に確認しないとアカウントの利用制限を行うなどと不安を煽り、偽サイトへアクセスするよう求めていた。

誘導先のフィッシングサイトでは、ログインに用いるアカウント情報のほか、請求先として住所や電話番号、生年月日、支払い情報の更新などと称して、3Dセキュアを含むクレジットカード情報をだまし取るほか、メールアドレスのパスワードまで入力させようとしていた。

5月26日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。今後も類似した攻撃が展開されるおそれがあるとして、同協議会では注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多
フィッシング報告数が過去最多 - 上位5ブランドで8割超
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ