Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」のセキュリティアップデートが公開 - 「NXNSAttack」などに対応

Internet Systems Consortium(ISC)は、「BIND 9」における複数の脆弱性を解消したアップデートをリリースした。関係機関では早急に対応するよう求めている。

DNSにおける権威サーバの委任を悪用したリフレクション攻撃「NXNSAttack」について論文が発表され、BINDにおいても踏み台として悪用されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-8616」が判明したもの。

さらにリモートからの攻撃でサービス拒否が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2020-8617」が明らかとなった。権威DNSサーバ、リゾルバの双方が影響を受ける。

ISCではこれら脆弱性へ対処した「BIND 9.16.3」「同9.14.12」「同9.11.19」をリリース。脆弱性の判明を受け、関係機関では注意喚起を実施しており、日本レジストリサービス(JPRS)では、利用者に対し、アップデートを強く推奨している。

(Security NEXT - 2020/05/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェア被害で顧客情報流出の可能性 - コンサル事業者
Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開
「Joshin web」のフィッシングサイトに注意 - 「3Dセキュア」も要求
神奈川県、教員を停職処分 - 試験をインスタで生徒に漏洩
ECシステムへの不正アクセスで顧客情報流出の可能性 - 寿司通販サイト
「エヴァンゲリオン」公式通販サイト、クレカやPWなど流出のおそれ
10月のDDoS攻撃、前月から減少 - IIJまとめ
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
不正ファイルでDBアクセス可能に - グラントマトが追加報告
メール誤送信でボランティア参加者のメアド流出 - 富山県