Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応

ウェブサイトにおけるフィッシングサイトの割合が、1年間で大幅に増加したとする調査結果をWebrootが取りまとめた。暗号化に対応したフィッシングサイトの割合が上昇している。

ウェブルートが2019年の脅威動向についてレポートを取りまとめたもの。同社の調査では、ウェブサイトに占めるフィッシングサイトの割合が1月の0.15%から12月には0.96%へと増加した。

フィッシングサイトに利用されたブランドとしては、「Facebook」が12.8%でもっとも多く、「Microsoft」が10.6%、「Apple」が8.4%、「Google」が7.7%と続く。

HTTPSを使用したフィッシングサイトの割合も拡大しており、2018年の15%から27%へと12ポイント上昇した。

フィッシングサイトにおけるHTTPSの使用率を業種で比較すると、「暗号資産(仮想通貨)交換サイト」が55%、「ゲームサイト」が50%と約半数で利用されていた。

また「ウェブメール(40%)」「金融機関(40%)」「決済サービス(32%)」なども高い割合を示している。国内では通信販売サイトなども標的となっているが、「小売り」の割合は24%だった。

(Security NEXT - 2020/05/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加
「Apple」かたるフィッシングサイト、前月比約5.4倍に
6月はフィッシングサイトが増加、過去2番目の件数に - 報告数は減少
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
「Amazonプライムデー」の便乗攻撃に警戒を - わずか1カ月で関連ドメイン2300件が新規登録
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
フィッシングで悪用されたブランド数が過去最多