Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経

日本経済新聞社は、同社グループ従業員の利用する端末がマルウェアへ感染し、個人情報が外部に流出したことを明らかにした。

同社によれば、同社内のネットワーク端末を利用した同社およびグループ会社の役員、従業員、退職者、委託先従業員などの個人情報1万2514人分が流出したもの。

氏名や所属、メールアドレスが含まれる。購読者や顧客のデータ、取材で得た情報などの流出については否定している。

従業員が受信したメールの添付ファイルによりマルウェアへ感染、外部へデータが流出した。新種のマルウェアだったため、導入しているセキュリティ対策で当初検知できなかったと同社は説明している。

同社は関係者へ注意を促すとともに、関係者になりすましたメールへ注意するよう呼びかけている。また流出情報の監視を引き続き実施するほか、セキュリティ対策の強化を図る。

(Security NEXT - 2020/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市報配信時に宛先リストを誤添付 - 会津若松市
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府
顧客情報を外部送信、表計算ファイルで別シートの存在気付かず - 横浜銀
履歴書など会員の個人情報が流出、詳細は調査中 - 副業支援サイト
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー