Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッグを売却した顧客氏名など流出 - バリュエンス

バリュエンスジャパンは、運営するオークション事業において、同社にバッグを売却した顧客の氏名などを誤って取引先1社へ送信したことを公表した。

同社によれば、同社事業「STAR BUYERS AUCTION」において、出品事業者1社に対し、誤って個人情報など送付する事故が発生したという。

出品情報の確認のため、出品内容をまとめた表計算ファイルをメールで送信したが、本来記載すべきでない同社へバッグを売却した顧客1872人分の氏名やバッグを委託出品した事業者12社分の名称、委託商品情報などが含まれていた。

送信先である事業者からの連絡があり、問題が判明。同社では関係者への対応を進めている。

同社は、システムから抽出したデータから、手作業でファイルを作成していたことが原因として、今後は手作業を必要としないシステムへと改修し、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2020/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数教員のメールアカウントに不正アクセス - 名古屋大
共同研究契約書を異なる企業へ誤送信 - 都立大
メルアドリストを誤ってメール添付 - ウォーターサークルくまもと
市報配信時に宛先リストを誤添付 - 会津若松市
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
仮想デスクトップがマルウェア感染、メール流出の可能性 - パラマウントベッド
検定合否情報など含むファイルをメールに誤添付 - 企業環境リスク解決機構
新型コロナの入院患者情報をメールで誤送信、宛先入力ミスで
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府