Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッグを売却した顧客氏名など流出 - バリュエンス

バリュエンスジャパンは、運営するオークション事業において、同社にバッグを売却した顧客の氏名などを誤って取引先1社へ送信したことを公表した。

同社によれば、同社事業「STAR BUYERS AUCTION」において、出品事業者1社に対し、誤って個人情報など送付する事故が発生したという。

出品情報の確認のため、出品内容をまとめた表計算ファイルをメールで送信したが、本来記載すべきでない同社へバッグを売却した顧客1872人分の氏名やバッグを委託出品した事業者12社分の名称、委託商品情報などが含まれていた。

送信先である事業者からの連絡があり、問題が判明。同社では関係者への対応を進めている。

同社は、システムから抽出したデータから、手作業でファイルを作成していたことが原因として、今後は手作業を必要としないシステムへと改修し、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2020/05/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正アクセスで個人情報が流出、スパム送信も - アイザワ証券子会社
教員や学生宛てのメールで個人情報含むファイルを誤添付 - 山口大
被災労働者の個人情報含むファイルをメール誤送信 - 労働基準監督署
送信した表計算ファイルの非表示部分に無関係の個人情報 - 朝日新聞
個人情報含むファイルを誤ってメールに添付 - 北海道銀
問合フォームより送信された資料が外部閲覧可能に - 充電池リサイクル団体
生徒成績情報を第三者へ誤送信、ルール違反と誤入力で - 仙台市
無関係メアドに誤転送、複数設定のひとつで気が付かず - 愛媛大
メールを誤転送、5年近く第三者に - 大阪教育大
政府の事業再構築補助金事業、応募者情報約1万件を誤送信