Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報を別業者へ誤通知、システム障害影響で - 九電

九州電力は、送電する際の費用を計算する「託送料金計算システム」において、障害対応時のミスにより、一部顧客の個人情報を誤って関係ない事業者へ提供していたことを明らかにした。

同社では、2019年末から2020年はじめにかけて、「託送料金計算システム」を変更したが、顧客に対して請求書を送付する際の遅延や小売電気事業者に対する誤請求といった障害が1月に発生。復旧対応作業を進めてきたが、調査の過程で情報流出が判明した。

関連システム間において契約データの齟齬が見つかり確認したところ、連携されなかった一部データを手作業で登録処理した際にミスがあり、一部顧客データを本来提供しない切替前の小売電気事業者へ誤って通知していたことが判明した。

同社では詳細について確認を行っているが、個人情報は約400件にのぼると見られ、発電者名、住所、供給地点特定番号、契約電力、30分電力量などの情報が含まれる。

(Security NEXT - 2020/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
医療費助成受給者の個人情報含むファイルを他自治体へ誤送信 - 浦添市
宅食サービス会社がランサム被害 - 顧客情報流出の可能性も
フォームで他者情報が閲覧可能に、設定流用で繰り返し発生 - 早稲田大
自治体へ送付する過程で障害者手帳などが所在不明に - 東京都
受託事業者がメール誤送信、児童支援事業登録者のメアド流出 - 大阪府
申請書を外部施設に誤ってわたすミス - 横須賀市社会福祉事業団
個人情報含む書類を自宅に持ち帰り、職員を懲戒処分 - 牟岐町
ジブリパークのスタッフ情報が流出か - 派遣元にサイバー攻撃
障害児通所支援事業所宛のメール、メアド406件をCC記載 - 大阪府