Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校でランサム被害、セキュリティ強化するも再発 - 川崎市

神奈川県川崎市は、市立高校において、校内ネットワークサーバがランサムウェアに感染し、サーバ内のファイルが暗号化されたことを明らかにした。

生徒の学習用端末を接続する同校内ネットワークサーバが、ランサムウェアに感染したもの。4月22日に職員が同サーバへアクセスしたところ、英文の脅迫文が画面が表示されており、内部のファイルが暗号化されていたという。

感染したサーバには、教員が作成した生徒の進路先をまとめた資料が保存されていた。感染の原因などはわかっていない。

同校では同市教育委員会へ報告。同市行政情報システムや市内の他教育機関への影響などは確認されていない。

同校では2019年10月にもランサムウェアの感染被害が発生し、学習成果物など被害に遭っている。セキュリティ対策の強化を図っていた。今回感染が確認されたランサムウェアは、前回と異なるものだったという。

(Security NEXT - 2020/05/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
「Exchange Server」脆弱性、ランサムウェア「DearCry」の標的に
ランサムウェア「Ryuk」にワーム化した新亜種
ランサムウェア「Ziggy」も活動中止 - 復号ツールも登場
ランサムウェア「Fonix」が活動停止 - 謝罪して復号鍵を公開
ソフト開発会社がマルウェア開発か - ソフォスが指摘
欧米警察が協力、「Emotet」をテイクダウン - 被害チェックサイトも
12月21日より「Emotet」感染メール増加 - あらためて警戒を