Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校のサーバがランサム感染、学習成果物など被害 - 川崎市

神奈川県川崎市の高校でランサムウェアに感染する被害が発生した。認証やファイルの利用に支障が出ている。

同市によれば、生徒の学習で使用するパソコンのため用意している校内システムのサーバが、ランサムウェアに感染したもの。

10月28日にサーバに保存されているドキュメントが暗号化され、英文によるランサムウェアの脅迫文が画面に表示されていることに職員が気が付いた。

感染の影響でサーバへのアクセス認証ができず、さらにサーバ内に保存されていた学習成果物などのファイルも使用できない状況となっている。

(Security NEXT - 2019/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
米政府、北朝鮮関与攻撃グループに経済制裁措置
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
ランサムに感染、データ損害は確認されず - シミックグループ