Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放

システムの開発にあたっては、未踏ソフトウェア創造事業の成果である「SoftEther VPN」のオープンソース版や、筑波大学によるスケーラブルなストリーム中継処理プログラムの研究成果を活用。ソフトイーサから、企業向けVPN製品「Desktop VPN」のソースコードをはじめ、無償で技術提供を受けた。

また端末間の接続には、「分散型クラウドゲートウェイ中継システム」を利用。KADOKAWA Connectedが運営する「ニコニコ動画」のバックボーンや、筑波大学OPENプロジェクトの実験ネットワーク、NICTの超高速研究開発ネットワークテストベッド(JGN)などからも通信環境の無償提供を受けている。

ソフトウェアは、現時点でWindows版が用意されており、特設サイトからダウンロードできる。なお、利用にあたっては、個別のサポートや問い合わせへの対応など行なっておらず、品質保証もない点に注意する必要がある。

20200422_ip_001.jpg
「シン・テレワークシステム」のイメージ(図:IPA)

(Security NEXT - 2020/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
組織のポリシー踏まえてテレワークリスクを可視化 - 富士通SSL
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
企業戦略としてテレワーク、導入時の課題やリスクは?
テレワーク環境のセキュ対策診断サービス - IIJ
TMI P&Sと東京海上日動、サイバーリスク保険分野で提携
テレワーク環境向けセキュリティ診断サービスを提供 - DNPら
テレワーク利用者向けにSaaS型認証サービス - パスロジ
テレワーク環境導入、無償相談窓口設置の動き
テレワークリスク向けに保険パッケージ - 三井住友海上ら