Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック

ラックは、セキュリティ事故が発生した際の対応を、テレワーク環境を通じて疑似体験する研修サービス「情報セキュリティ事故対応1日コース 机上演習編 リモートLive版」を提供開始した。

同サービスでは、インシデント対応について座学のほか、1チーム4名から7人で仮想組織におけるCSIRTメンバーとなり、インシデントの発覚、状況の確認、顧客対応といったビジネス上の対応を疑似体験し、気づきを得たり、振り返りなどで対応を学ぶ。

従来より提供してきた机上演習による集合研修サービスを、オンライン会議システムによるテレワーク環境にも対応した。システム担当者やエンジニアだけでなく、一般従業員などの教育にも活用できる。

研修期間は1日で定員21人が参加した場合、1開催あたりの料金は120万円(税別)。

(Security NEXT - 2020/09/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
インシデント対応体制の構築を支援する演習サービス - マカフィー
セキュリティ学ぶ医療機関や大学向けボードゲーム教材
経営陣向けにセキュリティ経営の支援メニュー - ニュートン
香川大とネットワン、セキュ技術者育成プログラムを共同開発
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
ゲーム形式のサイバー攻撃演習に「GDPR版」 - カスペ
あらたなセキュリティ認定資格のトレーニングを提供 - CompTIA
「REDチームサイバー演習サービス」を開始 - ニュートン・コンサル