Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック

ラックは、組織が利用する公開IPアドレスについて調査を実施し、レポートするサービス「Quick Discovery」を提供開始した。

同サービスは、テレワーク対策やクラウドサービスをはじめ、組織がインターネット上に公開するIPアドレスについて調査を実施し、応答結果についてレポートを提供する調査するもので、設定ミスや管理漏れの把握などを支援する。

具体的には、指定したグローバルIPアドレスに対し、代表的な30種類のTCPおよびUDPポートにスキャンを実施して応答内容によりIPアドレスの利用実態を調査。3営業日前後で報告書をExcel形式にて提供する。

また調査後の報告会では、診断結果を踏まえた今後のセキュリティ対策や、セキュリティ全般について相談を受け付ける。

スポットで500件のIPアドレスを調査した場合、価格は18万7000円から(税込)。

(Security NEXT - 2021/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
中小規模組織向けにエンドポイント保護製品 - カスペ
テレワークのセキュリティ評価サービス - ニュートン
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
GitHub、脆弱性スキャンツールを正式リリース - ベータテストで2万件を発見
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
仮想環境向けセキュリティ対策製品を機能強化 - カスペ
「Acronis True Image 2021」が登場 - 上位版にマルウェア対策機能