Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

レノボ、テレワーク保険を付帯した「ThinkPad」シリーズを発売

レノボ・ジャパンは、ビジネス向けノートPCである「ThinkPad」シリーズに、テレワーク保険を付帯した「あんしんテレワークPC」の受注を開始した。

同製品は、東京海上日動火災保険が提供する「特定危険担保特約付帯サイバーリスク保険(テレワーク保険)」を同社の「ThinkPad」シリーズに付帯したモデル。

対象は「ThinkPad X1 Carbon」「ThinkPad X1 Yoga」「ThinkPad X1 Tablet」「ThinkPad X280」「ThinkPad X380 Yoga」「ThinkPad T480s」の6モデル。自動的に補償が付帯されているため保険会社との契約などは不要。

(Security NEXT - 2018/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「AI」の安全性に対する評価手法を検討する機関を設立 - IPA
MS&ADと米インシュアテック企業、サイバーリスク可視化で共同開発
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
「セキュリティお助け隊サービス」の登録申請を受付 - IPA
2021年のフィッシング報告、前年比約2.3倍に - 約53.6%がEC系
「情報セキュリティ文化賞」受賞者6名を発表 - 情報セ大
2021年の上場関連企業の個人情報事故は137件 - TSRまとめ
約4分の3がランサムウェア身代金に応じる意向 - フォーティ調査
HTTPS通信の脅威遮断、前年比3.1倍に - 約9割がマルウェア
政府、行政機関のLINE利用でガイドライン