Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定

情報処理推進機構(IPA)は、セキュリティの動向を広く紹介する年次白書の最新版「情報セキュリティ白書2021」を7月30日に発刊する。書籍として販売するほか、無料のPDF版も提供する予定。

同白書は、セキュリティ分野の概況を幅広く紹介する資料。2008年より毎年発行している。組織における注意喚起や教育、講演資料、試験対策などに活用されている。

国内外の政策や人材の状況、インシデント被害、脆弱性の動向など、毎年収録しているトピックにくわえて、今回は制御システムやIoTに関するセキュリティの話題や、米国標準技術研究所(NIST)のセキュリティ関連活動を個別テーマとして取り上げた。

またテレワークについても取り上げ、インシデントの事例、テレワーク環境の脅威や課題、対策について解説している。

書籍はA4判で272ページ。価格は2200円(税込)。ISBNは「978-4-905318-75-0」。無料でダウンロードできるPDF版も用意するとしており、7月30日に提供を開始する予定。

(Security NEXT - 2021/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2021」のPDF版が公開に
「情報セキュリティ白書2020」が発刊 - 無料のPDF版も用意
「情報セキュリティ白書2019」を発行 - 無料のPDF版も
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
「情報セキュリティ白書2017」を発売 - IoTやFintechに注目
IPA、「情報セキュリティ白書2016」を発売 - 8月に電子書籍版も
IPA学生向けセキュリティ啓発コンクールで受賞作が決定 - 学校39校が特別賞
「情報セキュリティ白書2015」が登場 - IoTや標的型攻撃の話題も
【書籍】IPA、「情報セキュリティ白書2014」を発行 - 電子版もリリース予定