Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック

ハンモックは、エンドポイント向けマルウェア対策製品「AssetView Vplus(エンドポイントセキュリティ)」を12月下旬より提供開始する。

同社が展開するIT管理ツール「AssetView」のラインナップを強化し、エンドポイント向けのマルウェア対策製品を追加したもの。

カスペルスキーのエンジンを搭載しており、定義ファイルをはじめ、ヒューリスティック分析やふるまいによりマルウェアを検知する。定義ファイルについては、取得先を社内サーバやクラウドなど、テレワークの実施状況に応じて変更することが可能。

またPC操作のログ管理やデバイス制御、不正端末の遮断など、「AssetView」の他機能を組み合わせることで、感染ルートや感染源の特定、拡散防止などの対策も行えるという。

(Security NEXT - 2020/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

攻撃者視点でネットワークをテストするサービス - ユービーセキュア
ウェブアプリやAPIをマルウェアから保護する新機能 - Akamai
JPCERT/CC、「EmoCheck v2.3」を公開 - 「Emotet」検出方法を拡充
進化する「Emotet」に対応した感染チェックツール最新版を公開 - JPCERT/CC
ランサムウェア「Yanluowang」の復号ツールを提供 - カスペルスキー
バグを修正した「EmoCheck v2.1.1」をリリース - JPCERT/CC
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
フォーティネット、新シリーズ「FortiGate 3000F」を発表
Emotetの進化を受けて「EmoCheck v2.1」を公開 - 念のため最新版でチェックを