Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック

ハンモックは、エンドポイント向けマルウェア対策製品「AssetView Vplus(エンドポイントセキュリティ)」を12月下旬より提供開始する。

同社が展開するIT管理ツール「AssetView」のラインナップを強化し、エンドポイント向けのマルウェア対策製品を追加したもの。

カスペルスキーのエンジンを搭載しており、定義ファイルをはじめ、ヒューリスティック分析やふるまいによりマルウェアを検知する。定義ファイルについては、取得先を社内サーバやクラウドなど、テレワークの実施状況に応じて変更することが可能。

またPC操作のログ管理やデバイス制御、不正端末の遮断など、「AssetView」の他機能を組み合わせることで、感染ルートや感染源の特定、拡散防止などの対策も行えるという。

(Security NEXT - 2020/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー
個人用ESETに新バージョン - 上位Windows版にクラウドサンドボックス
マルウェア対策やアクセス制御などモバイル向けソリューションを展開 - Jamf
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
脅威情報を活用してC&C通信を検知するSaaS型サービス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足