Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス

イエラエセキュリティは、テレワーク環境のセキュリティ対策状況を評価するあらたなサービスを提供開始した。

同サービスは、新型コロナウイルス感染症の影響で利用が増えるテレワークの業務環境に対し、攻撃者の視点を踏まえてセキュリティ対策状況を評価するもの。

具体的には、リモートアクセス環境において、VPN機器などにおける既知の脆弱性や設定ミスなど、外部から不正アクセスを受けるおそれがないかセキュリティ対策状況を評価。

業務用端末についても、認証情報など事前情報がない状態から侵入される可能性など調べたり、ログインした上でマルウェア対策やログの取得状況などセキュリティ対策状況を調査し、改善に向けたアドバイスを行う。

また、組織で利用するクラウドサービスの認証情報が外部に漏洩していないか、オープンソースの情報を活用した調査なども提供する。

(Security NEXT - 2021/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「S/MIME」によるなりすまし対策をテーマとしたセミナー - JIPDEC
コピー機で顧客情報混ざり、外部に配布 - ニチイ学館
新型コロナ自宅療養者に名簿を送付するミス - 大阪府保健所
「glibc」の非推奨関数に脆弱性 - 次期バージョンで修正予定
ImpervaのクラウドWAFにルール回避のおそれ - すでに修正済み
まなびサポート事業の職員が児童情報を不正取得 - 保護者に家庭教師を提案
SonicWall製VPN製品の脆弱性を狙った攻撃が発生 - 早急に更新を
NICTがオンラインシンポジウム - 第5期中長期計画も披露
セミナー応募者のメアド流出、2度目の指摘で気づく - ランサーズ
「Redis」狙うパケットが1.8倍に - JPCERT/CC調査