Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

旧サービス再編した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」 - 日立ソ

日立ソリューションズは、あらたな機能を追加した「秘文 統合エンドポイント管理サービス」を3月31日に提供開始する。

同サービスは、デバイス制御やネットワーク制御、暗号化、マルウェア対策、ログ管理機能、ポリシー管理機能など備えた従来サービス「秘文 Endpoint Protection Service」を再編したもの。

今回の発売にあたり、従来機能にくわえて、テレワーク環境など場所などに関係なく、エンドポイントのセキュリティリスクをリアルタイムに可視化する機能を追加した。リスクを検出した場合は、制御やポリシーの設定を自動的に変更できる。

サブスクリプションにて提供し、500台を導入した場合、1台あたり年額7800円(税別)。2022年3月31日まではディスカウント価格で提供する。

(Security NEXT - 2021/03/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

在宅勤務時の印刷履歴が把握できるサービス - エプソン
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
ユービーセキュア、攻撃対象領域の調査サービスを開始 - 設定不備や機微誤公開も
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
ネットリスクを学べる高校生向けの無償教材
届け先の個人情報を二次元コード化、置き配時の個人情報漏洩対策 - ヤマト運輸
「CloudGuard」にウェブアプリやAPI保護機能を追加 - チェック・ポイント