Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少

2020年第1四半期におけるインシデントは5509件だった。フィッシング攻撃やマルウェアサイト、DoS攻撃などで増加が見られた。

20200420_jp_002.jpg
インシデント件数や調整件数(表:JPCERT/CC)

JPCERTコーディネーションセンターが、同四半期のインシデント状況を取りまとめたもの。

重複を除いたインシデント件数は5509件。前四半期の5385件から124件の増加となった。

インシデント件数を月別に見ると、1月が1765件、2月が1685件で推移する一方、後半3月に2059件と2000件を超えている。

同センターに寄せられた報告件数は6510件で、前四半期から25%増加。特に3月が2947件と突出して多かった。サイトの管理者などに対応を依頼した「調整件数」は4107件。前四半期から17%増加している。

(Security NEXT - 2020/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
フィッシングやなりすましメールをテーマとしたオンラインイベント - JPAAWG
日本シーサート協議会、オンラインカンファレンスを開催 - 未加盟でも参加可
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
関連インシデントもわかる情報リテラシー啓発資料 - ラック
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
委託先や下請け関連のインシデント対応コストが上昇傾向
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に