Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少

2020年第1四半期におけるインシデントは5509件だった。フィッシング攻撃やマルウェアサイト、DoS攻撃などで増加が見られた。

20200420_jp_002.jpg
インシデント件数や調整件数(表:JPCERT/CC)

JPCERTコーディネーションセンターが、同四半期のインシデント状況を取りまとめたもの。

重複を除いたインシデント件数は5509件。前四半期の5385件から124件の増加となった。

インシデント件数を月別に見ると、1月が1765件、2月が1685件で推移する一方、後半3月に2059件と2000件を超えている。

同センターに寄せられた報告件数は6510件で、前四半期から25%増加。特に3月が2947件と突出して多かった。サイトの管理者などに対応を依頼した「調整件数」は4107件。前四半期から17%増加している。

(Security NEXT - 2020/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
政府、約8年ぶりにIT-BCPガイドラインを改訂 - 新型コロナ踏まえた内容も
総務省、「スマートシティセキュリティGL」改定案を公開 - 意見を募集
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
登録セキスペ講習、民間など23講習を追加
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞、登大遊氏ら受賞
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中