Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少

2020年第1四半期におけるインシデントは5509件だった。フィッシング攻撃やマルウェアサイト、DoS攻撃などで増加が見られた。

20200420_jp_002.jpg
インシデント件数や調整件数(表:JPCERT/CC)

JPCERTコーディネーションセンターが、同四半期のインシデント状況を取りまとめたもの。

重複を除いたインシデント件数は5509件。前四半期の5385件から124件の増加となった。

インシデント件数を月別に見ると、1月が1765件、2月が1685件で推移する一方、後半3月に2059件と2000件を超えている。

同センターに寄せられた報告件数は6510件で、前四半期から25%増加。特に3月が2947件と突出して多かった。サイトの管理者などに対応を依頼した「調整件数」は4107件。前四半期から17%増加している。

(Security NEXT - 2020/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NCA、CSIRTが集う年次イベントを開催 - 非加盟でもオンライン参加可能
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
引き続き北朝鮮の標的となる暗号資産 - 個人法人で対策必須
サイバー防御力競う「ハードニング競技会」がグッドデザイン賞
CSIRT交流イベント「NCA Annual Conference 2022」、12月にハイブリッド開催
メール訓練のノウハウをまとめた手引書を公開 - NCA
夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加