Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「インドネシアからのサインイン検出」と不安煽るAmazonのフィッシング

フィッシング対策協議会は、Amazonの利用者を狙ったフィッシング攻撃が展開されているとして注意喚起を行った。

20200414_ap_001.jpg
サインインを装ったフィッシングメール(画像:フィ対協)

問題のフィッシングメールは、複数の文面が確認されているが、そのひとつではセキュリティに関するアラートを偽装。「インドネシアの東ジャワ近郊」からサインインが行われたなどとして不安を煽る内容だった。

ログイン通知を偽装したケース以外にも、「アカウント管理確認コード」などとして、心当たりがない場合はパスワードを変更するよう求めるケースも確認されている。

フィッシングサイトには、少なくとも4種類のドメインが悪用されており、パスやパラメータなどが設定された複数のURLが利用されている。

誘導後は、ログイン画面からアカウント情報をだまし取ると、緊急の確認が必要などとして氏名や住所、電話番号といった個人情報のほか、クレジットカード情報、3Dセキュアの認証情報などを入力させ、だまし取ろうとしていた。

4月14日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、閉鎖に向けてフィッシング対策協議会ではJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似したフィッシング攻撃へ注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2020/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
9月のフィッシングサイト、前月比約26%減 - やや落ち着くも高水準
JIPDECとフィ対協、メーラーの「S/MIME」対応状況を調査
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
フィッシングサイトが増加 - 1カ月あたり8000件超、過去最多
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも