Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意

新型コロナウイルス感染症の拡大に便乗し、助成金や検査などを口実に個人情報をだまし取る行為が確認されている。

国民生活センターによれば、新型コロナウイルス症に関連し、個人情報などが尋ねられたとする相談が全国の消費生活センターへ寄せられている。

ある事例では、公的機関の新型コロナウイルス対策室や携帯電話会社を名乗り、助成金の名目で銀行口座番号を聞き出そうとしていた。

一方、信用金庫の職員を名乗ったケースでは、新型コロナウイルスの関係で確認が必要などとだまし、電話で口座番号と暗証番号を教えるよう求めたという。

(Security NEXT - 2020/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
2回目の特別定額給付金? 実際は情報盗む偽サイトへの誘導メール
金融業界の横断的演習「Delta Wall V」を実施 - 金融庁
新コロ陽性者の調査ファイルに接触者名簿 - 加工前のデータ残存
検索リスクの高い有名人、半数がミュージシャン
日本セキュマネ学会、オンライン大会を開催 - 一般も参加可能
厚労省の人工呼吸器利用者向け優先配布事業で配送伝票に個人情報を誤記載
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」