Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意

新型コロナウイルス感染症の拡大に便乗し、助成金や検査などを口実に個人情報をだまし取る行為が確認されている。

国民生活センターによれば、新型コロナウイルス症に関連し、個人情報などが尋ねられたとする相談が全国の消費生活センターへ寄せられている。

ある事例では、公的機関の新型コロナウイルス対策室や携帯電話会社を名乗り、助成金の名目で銀行口座番号を聞き出そうとしていた。

一方、信用金庫の職員を名乗ったケースでは、新型コロナウイルスの関係で確認が必要などとだまし、電話で口座番号と暗証番号を教えるよう求めたという。

(Security NEXT - 2020/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保健所で新型コロナ接触者情報が流出 - 岐阜県
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
対象地域拡大する緊急事態宣言、テレワーク実施時はセキュ対策徹底を
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
新型コロナ陽性者リストが流出、アクセス権設定でミス - 福岡県
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
コロナ宿泊療養施設で患者情報を誤送信 - 奈良県
活動再開「Emotet」、1000社以上で観測 - 発見遅らせる機能強化も