Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新コロ便乗、助成金や検査口実とする個人情報詐取に注意

新型コロナウイルス感染症の拡大に便乗し、助成金や検査などを口実に個人情報をだまし取る行為が確認されている。

国民生活センターによれば、新型コロナウイルス症に関連し、個人情報などが尋ねられたとする相談が全国の消費生活センターへ寄せられている。

ある事例では、公的機関の新型コロナウイルス対策室や携帯電話会社を名乗り、助成金の名目で銀行口座番号を聞き出そうとしていた。

一方、信用金庫の職員を名乗ったケースでは、新型コロナウイルスの関係で確認が必要などとだまし、電話で口座番号と暗証番号を教えるよう求めたという。

(Security NEXT - 2020/04/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
大阪市保健所でメール誤送信 - 医師のメアド流出
コロナ陽性者向けメールで誤送信、作業ミスで宛先にズレ - 東京都
IPA、教則本「情報セキュリティ読本」を4年ぶりに改訂
自治体におけるマイナンバー取扱状況を公表 - 個情委
保育所配信システムで個人情報含む文書を誤送信 - 那珂市
Pマーク事業者の事故報告は3048件 - 前年度比約15%増
まもなく「CODE BLUE」が開催、講演テーマから浮かび上がる社会的課題
新型コロナ配食サービスで伝票重ね貼り、別人の個人情報 - 岡崎市
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県