Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ

キヤノンマーケティングジャパンは、クラウドサービス「GUARDIANWALL Mailセキュリティ・クラウド」を4月1日より提供開始する。

同社が従来よりオンプレミスで提供している「GUARDIANWALL Mailセキュリティ」をクラウドで展開するもの。

メールのフィルタリングやメールの宛先をBCCへ自動で変換する機能などを搭載。アーカイブしたメールの検索機能なども用意している。

まず手はじめに、同社は自由に設計できる「プレミアム」を提供。7月からはシンプルな設定の「ベーシック」をサービスメニューに追加する予定。

(Security NEXT - 2020/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能
東京商工会議所、会員向けセキュ対策でコンソーシアムを発足
クラウド型セキュアウェブゲートウェイを機能強化 - ALSI
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
攻撃者に狙われる「非公開ファイル」のチェック機能 - ビットフォレスト
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
クラウド型のウェブ閲覧環境分離サービス - 高リスクサイトだけの利用も
脆弱性管理など必要時のみ利用できる新ライセンス体系 - エフセキュア
クライアントのログ管理サービスをクラウドで提供 - ラネクシー