Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ

キヤノンマーケティングジャパンは、クラウドサービス「GUARDIANWALL Mailセキュリティ・クラウド」を4月1日より提供開始する。

同社が従来よりオンプレミスで提供している「GUARDIANWALL Mailセキュリティ」をクラウドで展開するもの。

メールのフィルタリングやメールの宛先をBCCへ自動で変換する機能などを搭載。アーカイブしたメールの検索機能なども用意している。

まず手はじめに、同社は自由に設計できる「プレミアム」を提供。7月からはシンプルな設定の「ベーシック」をサービスメニューに追加する予定。

(Security NEXT - 2020/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

バックアップ製品に新版、ランサム対策も - ベリタス
シスコ、中小企業向けにセキュリティ対策の支援窓口
顔認証ログオンソフトに覗き込み検知機能 - NEC
侵害リスクの高い機器を特定するサービスを提供 - デロイトトーマツ
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
ECサイトの無償脆弱性診断を希望する中小企業を募集 - IPA
サプライチェーンのリスク調査サービスを提供 - ソリトン
復号化せずに「SSL/TLS」を用いたDDoS攻撃を防御 - Radware
複数ソースのログを分析、課題と対策をレポートするサービス - 網屋
「VAddy」の「Log4Shell」診断、無料試用でも - 1月末まで