Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ

キヤノンマーケティングジャパンは、クラウドサービス「GUARDIANWALL Mailセキュリティ・クラウド」を4月1日より提供開始する。

同社が従来よりオンプレミスで提供している「GUARDIANWALL Mailセキュリティ」をクラウドで展開するもの。

メールのフィルタリングやメールの宛先をBCCへ自動で変換する機能などを搭載。アーカイブしたメールの検索機能なども用意している。

まず手はじめに、同社は自由に設計できる「プレミアム」を提供。7月からはシンプルな設定の「ベーシック」をサービスメニューに追加する予定。

(Security NEXT - 2020/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール受信サーバでDMARC認証結果レポートを作成できる無償サービス
IT管理ツールにマルウェア対策を追加 - ハンモック
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
CPU上の挙動でマルウェア検知、クラウド連携のSaaS型サービス
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
ボットアクセスやPWリスト攻撃を遮断するMSS - F5
脅威情報や対策を提供する「MVISION Insights」 - マカフィー
MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大