Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

法人向け「ウイルスバスター」や「Apex One」に深刻な脆弱性 - ゼロデイ攻撃も

トレンドマイクロのセキュリティ対策製品「Trend Micro Apex One」や「ウイルスバスターコーポレートエディション」「ウイルスバスタービジネスセキュリティ」に複数の深刻な脆弱性が含まれていることがわかった。すでに一部は悪用されているという。

「Apex One」および「ウイルスバスターコーポレートエディション」の管理サーバに含まれるマイグレーションツールに、リモートよりコードを実行されるおそれがある脆弱性「CVE-2020-8467」が判明したもの。さらにエージェントやクライアントのコンポーネントを改ざんできる脆弱性「CVE-2020-8468」が明らかになった。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」のスコアは、それぞれ「9.1」「8.0」としており、いずれもすでに悪用が確認されているという。

また同社において悪用は確認されていないが、リモートより管理サーバの任意のファイルを削除される脆弱性「CVE-2020-8470」や、リモートからコードを実行される脆弱性「CVE-2020-8598」「CVE-2020-8599」が明らかになった。CVSSv3のスコアは最高値の「10」とレーティングされている。

(Security NEXT - 2020/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トレンドの法人向けエンドポイント製品に複数脆弱性 - CVSS値が最高値の脆弱性も
ウェブセキュリティ製品に複数脆弱性 - トレンド
トレンドの「ServerProtect for Linux」に権限昇格の脆弱性
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
「ウイルスバスタークラウド」に任意のファイルが削除できる脆弱性
macOS向け「ウイルスバスター」に脆弱性 - 悪用は未確認
「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
「Trend Micro Deep Security」などに認証回避の脆弱性
トレンドマイクロの複数製品に脆弱性 - 順次更新を実施