Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同報配信にML利用、設定ミスで情報流出 - 鳥取県

従来、判定士登録者への連絡には電話を用いており、より迅速に対応できるようメールの活用を試行。各判定士登録者のメールアドレスが共有されないよう、同報配信にメーリングリストを用いたが、機能や設定など十分理解しないまま利用してしまったという。

同県では、訓練中止の連絡と謝罪をメールで行い、誤送信したメールの削除を依頼。メーリングリストを削除した。今後、メーリングリストの登録者全員に対し電話で謝罪し、削除状況を確認するとしている。

今回の問題を受け、今後再発の防止のため、同県ではメーリングリストを原則使用しないという。またやむを得ず使用する場合は、設定を複数で確認し、送信テストを行った上で、使用するとしている。

(Security NEXT - 2020/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
報道機関にコロナ陽性者資料を誤ファックス - 長野県
個人情報誤表示、1647人に影響 - 山口県クラファンサイト
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
医師のクラウドアカウントに不正アクセス - 愛知県がんセンター
一部商品購入者のメールアドレスが流出 - チーズケーキ専門店
コロナ患者情報を誤送信、転用した過去メールの宛先に - 西宮市保健所
新商品案内でメールアドレスが流出 - マスクメーカー
従業員メルアカが乗っ取り被害、訓練効果で早期に把握 - EIZO
インターンシップ受講予定者へのメールで誤送信 - 大阪市