Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

同報配信にML利用、設定ミスで情報流出 - 鳥取県

鳥取県は、地震被災建築物応急危険度判定士登録者のメールを用いた訓練において、利用したメーリングリストの設定にミスがあり、個人情報が流出したことを明らかにした。

同県によれば、2月27日に住まいまちづくり課が判定士登録者773人を対象にメーリングリストを用いて実施した訓練において、個人情報が流出したもの。

判定士登録者29人が参集要請の訓練メールに対して同課へ返信しようとしたところ、返信先がメーリングリストに設定されていたため、返信メールが、意図せずメーリングリスト参加者全体に送信され、メール内に記載された氏名や電話番号、メールアドレスなどの個人情報が流出したという。

メール受信者から連絡があり、メーリングリストの設定を確認したところ、返信先の設定が同課のメールアドレスではなく、メーリングリスト全体に設定されていたことが判明した。

(Security NEXT - 2020/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファンクラブ入会者情報が流出、フォーム設定ミスで - 鹿島アントラーズ
再々委託先の従業員が業務情報を不正ダウンロード - ダイキン
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収
トヨタの社用車管理サービスに不正アクセス - 原因は古いアクセスキー
組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
イベント案内メールを「CC」により誤送信 - 広島県の建設会社
キャッシュプラグインで設定ミス、無関係の個人情報を誤表示 - 東京テアトル
手続き案内と勘違い、個人情報含むファイルを誤送信 - 高知労働局