Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブへのコード挿入によるクレカ情報窃取、前年比5倍

Kasperskyは、2019年度の1年間に同社がブロックしたウェブ経由のユニークなオブジェクトが、前年比13.7%増となる約2461万件だったとする調査結果を取りまとめた。クレジットカード情報を抜き出すスクリプトなどが高い増加率を示したという。

2018年11月から2019年10月までに、スクリプトやエクスプロイト、実行ファイルなど、同社製品がウェブ経由で検知した悪意あるオブジェクトの動向を取りまとめたもの。重複を除いた種類を見ると、前年の2164万3946件を13.7%上回る2461万126件となった。

同社は増加の背景について、広告などでユーザーに気づかれないようデータを読み込むHTMLページやスクリプトが種類、件数ともに増加したと説明している。

悪意あるコードを挿入して、クレジットカード情報を窃取する「eスキミング」において用いられたオブジェクトの種類は、前年比187%増となる約51万件。全体に占める割合としては大きくないものの、高い増加率を示した。端末においてこれらを検知した件数についても、前年の約5倍にあたる266万件へと急増している。

(Security NEXT - 2020/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……