Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%

中小企業の2割弱がサイバー攻撃の被害経験がある一方、4社に1社は対策を行っていないことがわかった。

日本損害保険協会が、2019年11月12日から同月15日にかけてインターネット調査を行ったもの。中小企業の経営者および役員825人が回答した。

同調査によれば、2割弱にあたる155人がサイバー攻撃の被害を経験したと回答。もっとも多かったのは「不正送金を促すビジネスメール詐欺やフィッシングサイト」で47.1%だった。「マルウェア」が34.8%、「ランサムウェア」が25.8%と続く。

また3.3%にあたる27人が「金銭的被害があった」と回答。そのうち12人は被害額を「50万円未満」とする一方、2人は1000万円以上と回答している。

(Security NEXT - 2020/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2024年1Qのクレカ不正利用、前四半期から12.4%減
2024年1Qのオンライン銀不正送金、被害額が大幅減
サイトでの個人情報提供、4分の3がセキュリティを意識
先週注目された記事(2024年6月16日〜2024年6月22日)
先週注目された記事(2024年6月9日〜2024年6月15日)
先週注目された記事(2024年6月2日〜2024年6月8日)
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)
先週注目された記事(2024年5月5日〜2024年5月11日)
先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)