Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%

中小企業の2割弱がサイバー攻撃の被害経験がある一方、4社に1社は対策を行っていないことがわかった。

日本損害保険協会が、2019年11月12日から同月15日にかけてインターネット調査を行ったもの。中小企業の経営者および役員825人が回答した。

同調査によれば、2割弱にあたる155人がサイバー攻撃の被害を経験したと回答。もっとも多かったのは「不正送金を促すビジネスメール詐欺やフィッシングサイト」で47.1%だった。「マルウェア」が34.8%、「ランサムウェア」が25.8%と続く。

また3.3%にあたる27人が「金銭的被害があった」と回答。そのうち12人は被害額を「50万円未満」とする一方、2人は1000万円以上と回答している。

(Security NEXT - 2020/01/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加
4人に3人が企業からのSMSを警戒 - スミッシング被害経験は4.9%
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
4月は暗号資産狙うフィッシングサイトが増加
2020年のネットバンク不正送金、被害額4割減 - 法人では増加