Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、2019年第4四半期に同機構の相談窓口へ寄せられたセキュリティに関する相談状況を取りまとめた。マルウェア検知の偽警告に関する相談が増加している。

同機構によれば、同四半期に寄せられたセキュリティ関連の相談件数は3147件。前四半期の2925件から7.6%増となった。2018年第4四半期以降減少が続いていたが、1年ぶりに増加した。

相談内容に見ると、マルウェアを検知したという偽の警告でユーザーの不安を煽り、電話をかけさせて製品の購入やサポート契約を促す「偽警告」に関する相談が前四半期の326件を上回る402件。

一方、宅配業者による不在通知を装ったショートメッセージサービス(SMS)に関する相談は312件で、前四半期の334件から6.6%減少。「ワンクリック請求」に関する相談も前四半期の90件から66件へと26.7%減となった。

20200123_ip_001.jpg
相談件数の推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2020/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「TCP 6379番ポート」宛てのパケットが増加傾向 - JPCERT/CC観測
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
2020年度のPマーク事業者による個人情報関連事故は2644件
コロナ禍で進む大学のデジタル化 - 4割強でトラブルを経験
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
IPA、2021年前半の被害届出127件を公開 - ランサムや認証突破など
2021年2Qの標的型攻撃に関する情報共有は40件 - J-CSIP
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
2021年2Qのインシデントは減少 - スキャン行為は増加