Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、2019年第4四半期に同機構の相談窓口へ寄せられたセキュリティに関する相談状況を取りまとめた。マルウェア検知の偽警告に関する相談が増加している。

同機構によれば、同四半期に寄せられたセキュリティ関連の相談件数は3147件。前四半期の2925件から7.6%増となった。2018年第4四半期以降減少が続いていたが、1年ぶりに増加した。

相談内容に見ると、マルウェアを検知したという偽の警告でユーザーの不安を煽り、電話をかけさせて製品の購入やサポート契約を促す「偽警告」に関する相談が前四半期の326件を上回る402件。

一方、宅配業者による不在通知を装ったショートメッセージサービス(SMS)に関する相談は312件で、前四半期の334件から6.6%減少。「ワンクリック請求」に関する相談も前四半期の90件から66件へと26.7%減となった。

20200123_ip_001.jpg
相談件数の推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2020/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2021年に観測が多かったマルウェア、大半が5年以上活動 - ランサム感染にも関与
テレワークで機密情報の特例持出が増加 - ルール遵守、半数近くが「自己確認」のみ
2Qセキュ相談、前四半期比約25%減 - 半減するも依然多い「Emotet」相談
「Mirai」によるパケットが増加 - 送信元の多くで防犯用映像記録装置が稼働
インフラ関係者9割超、サイバー攻撃による産業制御システムの中断を経験
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
5月に勢い増した「Emotet」 - 海外にくらべて高い国内検知率