Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年4Qのセキュリティ相談、7.6%増 - IPAまとめ

情報処理推進機構(IPA)は、2019年第4四半期に同機構の相談窓口へ寄せられたセキュリティに関する相談状況を取りまとめた。マルウェア検知の偽警告に関する相談が増加している。

同機構によれば、同四半期に寄せられたセキュリティ関連の相談件数は3147件。前四半期の2925件から7.6%増となった。2018年第4四半期以降減少が続いていたが、1年ぶりに増加した。

相談内容に見ると、マルウェアを検知したという偽の警告でユーザーの不安を煽り、電話をかけさせて製品の購入やサポート契約を促す「偽警告」に関する相談が前四半期の326件を上回る402件。

一方、宅配業者による不在通知を装ったショートメッセージサービス(SMS)に関する相談は312件で、前四半期の334件から6.6%減少。「ワンクリック請求」に関する相談も前四半期の90件から66件へと26.7%減となった。

20200123_ip_001.jpg
相談件数の推移(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2020/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4社に3社が直近1年にインシデントを経験 - JIPDEC調査
国内ではブラウザ上でのマルウェア検知が7割超 - ESET
33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
2020年4Qの標的型攻撃メールは16件 - 目的不明のバラマキ不審メールも
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……