Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業

富士通とイスラエルのUpstream Securityは、コネクテッドカーのセキュリティ分野で協業することに合意した。

Upstream Securityでは、クラウドベースの自動車用サイバーセキュリティソリューション「Upstream C4」を手がけるほか、自動車向けセキュリティ脅威情報を配信する「AutoThreat Intelligence」などを展開している。

今回の協業により両社は、Upstream Securityの同ソリューションに、富士通のICT-セキュリティオペレーションセンターに関する技術やビッグデータ処理技術を統合。

コネクテッドカーにおいて車両側だけでなく、センター側の脅威を検知するセキュリティソリューションを開発し、2020年中を目安に国内はもちろん、北米、欧州の自動車メーカーや運輸事業者向けに提供していく。

(Security NEXT - 2020/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
系列販売店27社で同意なく個人情報取得 - トヨタのID登録で
同意なく個人情報をメーカー登録 - トヨタ販売店9社
同意なくトヨタの認証サービスに顧客情報を登録 - 埼玉トヨタ
約1万件の契約者IDで不正ログイン - セゾン自動車火災保険
ランサム被害で顧客や関係者の情報が流出した可能性 - サブウェイ
顧客個人情報を同意を得ずトヨタへ提供 - トヨタ車ディーラー
自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS
Interop Tokyo、セキュリティ部門で4製品がアワードを受賞
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築