Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシング報告や悪用ブランドが過去最多に

2019年12月も引き続きフィッシングの報告が多数寄せられ、過去最多を更新した。悪用されたブランドの件数も過去最悪となっている。

フィッシング対策協議会によれば、12月のフィッシングの報告件数は、前月から448件増加して8208件となり、過去最多となった。

フィッシング攻撃に利用されたURLは2178件。2019年後半に入り、2000件台で推移しており、過去最悪となった10月の2497件は下回るものの、過去3番目に多く、予断を許さない状況だ。

同月に悪用されたブランドの件数は、前月を13件上回って67件となり、過去最多となった。従来同様、Amazon、Apple、LINE、クレジットカードなど大手ブランドが狙われたほか、ヤフーや楽天など複数サービスを展開する大手ポータルを装った攻撃についても報告されている。

また金融機関については、これまでの都市銀行を装うケースにくわえて、11月ごろより地方銀行を装うケースが増えているという。

20200106_ap_001.jpg
フィッシングの報告やURL件数の推移(グラフ:フィ対協の発表をもとに作成)

(Security NEXT - 2020/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査