Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Emotet」の脅威 - 組織やビジネスへの影響を考える

マルウェア「Emotet」の感染被害が後を絶たない。大規模な組織においても、次々と被害が明らかとなっている。セキュリティ機関に被害相談が多数寄せられ、たびたび注意喚起が行われている。

繰り返し注意喚起が行われている背景には、巧妙化が進む攻撃手法などがあるが、まずは同マルウェアの感染が、組織やビジネスに及ぼす影響について把握しておく必要があるだろう。

もし「Emotet」に感染すればどうなるのか。感染手法という点では、ひと際注目を浴びているのが、端末内から取得したアドレス情報やメールのデータを盗用し、感染を広げるためのなりすましメールを送信する点だ。

メールを受信した取引先や顧客を危険にさらすこととなる。 同マルウェアの被感染組織はマルウェアの「被害者」だが、同時に「攻撃者」の片棒をかついだ加害者的な立場に陥ることとなる。

ビジネスインパクトという点では、盗まれた情報をもとにしたなりすましメールによって他組織がマルウェアに感染した場合、どこまで法的な責任が問われるかについては難しい問題だ。

しかし、賠償責任の有無はともかく、取引先や顧客で被害が生じれば関係が悪化するなど、ネガティブな影響は避けられないだろう。

(Security NEXT - 2019/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
2021年1Qの標的型攻撃メール報告は13件 - 「Emotet」関連報告は収束へ
米政府、マルウェア「TrickBot」展開する標的型攻撃で注意喚起
INPIT委託先で「Emotet」感染 - 使用許可取消後のテレワーク端末で
JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
「Emotet」感染後の対応、「駆除」だけでは不十分
政府、ISP経由で国内Emotet感染者に注意喚起
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「Emotet」で10億円以上荒稼ぎか - インフラ維持に5000万円