Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を

長期休暇中は、自宅など組織外で業務を行うケースも少なくない。データの持ち出しにあたっては、あらためてポリシーを周知し、許可のもと持ち出す場合も暗号化の実施など、紛失や盗難に備えた対策が求められる。

休暇明けにも注意が必要だ。休暇中に脆弱性が判明し、パッチがリリースされるケースもある。業務の再開は、最初にシステムやセキュリティ対策ソフトを最新の状態へアップデートすることからはじめたい。

端末やUSBメモリなどを休暇中に外部へ持ち出した場合、組織のネットワークへ接続したり、利用する前に最新のセキュリティ対策製品でスキャンし、マルウェアを持ち込むリスクの低減を図る。

期間中稼働していたサーバなどの機器は、ログを確認。不審な通信が行われた痕跡がないか確認することが求められる。

(Security NEXT - 2019/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

夏季休暇に向けてセキュリティの再確認を - 盆休み直前の月例パッチにも注意
政府、大型連休における対策徹底呼びかけ
まもなくゴールデンウィーク、セキュリティ体制の確認を
フィッシング、人事装うメールが高クリック率 - IT部門が低いとは限らず
年末年始の長期休暇に向けた準備を - 脆弱性やパッチ公開に注意を
コロナ禍2度目の夏期休暇 - パッチチューズデーと重なるおそれも
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を